引っ越しにともなうインターネットの住所変更と開通手続き

引っ越しの時、インターネットの住所変更手続きをややこしく感じる人が多いようです。

その大きな理由は、

・プロバイダー

・光回線

・ADSL

・フレッツ光

など、いろんな意味不明な用語が出てきてとく分からないからです。

実際、私も引っ越しをするまで、それらの用語の意味とか関係がよく分からずインターネットの契約をしていました。

今回は、そういった用語の説明も踏まえ、引っ越しでのインターネット手続きや新規契約について解説します。

固定有線インターネット回線のメリット

スマホで携帯電話会社の通信サービスを利用する場合は、容量(パケット)が気になったり、通信状況によっては途切れる事があったりします。

これは近くの基地局アンテナとスマホ間を無線で通信しているからです。当然、基地局との位置関係や電波状況で安定しないこともあります。

一方、自宅に有線でインターネット回線を引けばそんな心配はしなくてよくなります。最大のメリットは、安定したスピードの高速回線を無制限で使用できることです。

また、自宅に引いた有線回線から専用機器を介して、さらに自宅内を無線で飛ばすWi-Fi(ワイファイ)を利用することができます。

Wi-Fiを利用して自宅内のどこにいても、スマホやタブレットで動画やネット検索、ゲームやアプリを手軽に利用できるようになります。

スマホで容量(パケット)を使う音楽やアプリ、動画のダウンロードを、自宅でWi-Fiを利用して行なっておけば、外出してもその中身を楽しむ事ができるので、通信料の節約にもなります。

このように固定の有線インターネット回線は便利ですが、工事や契約がスマホなどと違います。

結論→固定の有線インターネット回線は安定・無制限

固定のインターネット回線を利用するには?

引っ越しであっても新規利用であっても、固定の有線インターネットを利用するには、

1、インターネット回線
2、プロバイダー

の両方と契約する必要があります。

インターネット回線の代表的なものが、全国に張り巡らされた回線網を所有している、NTT東日本やNTT西日本が提供しているサービスのことです。

また、各地域の電力会社系が、自前の電線網を利用した独自の光インターネット回線を有しています。

インターネット回線の種類には、光回線や従来の電話回線を利用したADSLなどがあります。あなたは、この通信網を貸してもらう利用料を支払うというイメージです。

一方、プロバイダーとは、インターネット回線とあなたの自宅パソコンなどを結びつける中継サービスを提供している会社です。回線利用の取次代理店のようなものです。

このプロバイダーを経由して、初めてあなたはインターネットを利用できるのです。プロバイダーはNTT東日本やNTT西日本とは別の会社になります。

したがって、NTT東日本やNTT西日本の回線(フレッツ光)を利用するには、プロバイダーとの契約が必要になります。料金設定はプロバイダー会社ごとに違いますが、内容は同じです。

また、各地域の電力会社系、たとえば関西電力系の「イオ光」では、光回線とプロバイダーが同じなので、窓口1本で別々の契約は不要です。

同様の例として、スマホの場合、契約しているドコモやau、ソフトバンクなどの通信会社が、プロバイダーの役目も兼ねているので、契約窓口が1箇所で済みます。

ただ、一般的な概念として、回線だけ自宅へ引く工事だけしたらインターネットができるわけではないので注意が必要です。

結論→固定インターネット回線契約は「インターネット回線」と「プロバイダー」が必要

光回線とADSLの違い

ところで、固定の有線インターネット回線には光回線とADSLがあります。動画配信、音楽配信を快適に利用したいなら絶対に光回線です。ADSLは容量が少なく通信速度が遅いからです。

ちなみに、光回線が配備されていない地域の場合は、携帯型(モバイル)Wi-Fiの高速のものを選んでください。(必ず利用エリアに自宅があるか確認してください)

光回線なら速度は上りも下りも100Mbps~1000Mbps出ます。スマホよりずっと速くまた、安定しているので途中で途切れることもありません。

光回線でもっとも有名なのは、NTTが提供している「フレッツ光」です。前述したように、「フレッツ光」を利用するにはプロバイダーとの別途契約が必要です。

結論→固定有線インターネット回線は光回線にすべし

光回線はプロバイダーとセットになっている通信会社を選ぼう

私は以前、NTTとしか契約していない集合住宅に住んでいました。住民の希望により、NTT西日本のフレッツ光の回線工事を団地全棟で行ってもらいました。

ところが、光回線を使えるようになったのはいいのですが、プロバイダーとの契約を別途する必要がありました。光回線はNTT西日本と契約し、実際にインターネットを利用するためにプロバイダーと契約する、という仕組みです。

また、団地から一軒家に引っ越すときは解約が面倒でした。何しろNTTとプロバイダー両方別々で解約手続きをしなくてはいけなかったからです。

窓口が違うので何度も電話したことを覚えています。こうした理由から、光回線はプロバイダーとセットになっている会社を選ぶのがベターです。

たとえば、フレッツ光とセットになっているプロバイダーには、以下のような会社があります。

BIGLOBE    http://www.biglobe.ne.jp/
OCN      https://www.ocn.ne.jp/
Nifty              https://www.nifty.com/
So-net           https://www.so-net.ne.jp/
ASAHIネット   https://asahi-net.jp/
B.B.excite      http://bb.excite.co.jp/
WAKWAK       https://www.wakwak.com/
Plala              https://www.plala.or.jp/
DTI                http://dream.jp/ftth/withflets/

光回線とプロバイダーがセットになっていると、引っ越しに限らず、何かわからない事があった時も窓口も一つなので便利です。

なお、光回線がフレッツ光以外で、光回線とプロバイダーがセットになっている会社は、関電系のイオ光や、JCOMなどがあります。

私は光回線の競争が激しい近畿地方に住んでいるので、今はイオ光を使っています。理由はプロバイダーも光回線も両方関西電力系統のイオ光が持っているからです。

結論→光回線とプロバイダーがセットになっている通信会社がおすすめ

インターネットの引越し手続き

1、光回線とプロバイダーが別契約の人

たとえば、「Yahoo! BB 光 with フレッツ」などがこのパターンになります。

この場合、以下の2箇所

・光回線所有会社である、NTT東日本またはNTT西日本へ引っ越しの手続き
・プロバイダーへ引っ越しの手続き

を、それぞれする必要があります。

先に光回線の手続きをしてから、その後プロバイダーの手続きという順番になります。

「Yahoo! BB 光 with フレッツ」の引越し手続きページを開くと、以下の表示がされます。

ここから~

フレッツ回線の引越し手続きはお済みでしょうか?
当社光サービスお引越し手続きの前に、別途NTT東日本/NTT西日本にてフレッツ回線のお引越し手続きをお願いいたします。ホワイト光電話をお引越し先で継続利用する場合は、フレッツ回線のお引越し手続きの際に、NTT東日本/NTT西日本のひかり電話への番号ポータビリティのお手続きは行わないでください。当社光サービスお引越し手続きには以下の情報が必要です。
[1]フレッツ回線の転入予定日
[2]引越し先住所
[3]引越し先のフレッツ回線プラン/タイプ

~ここまで

なんだかとってもややこしそうで、ここでめげてしまいそうです。

けっこう面倒なので、今後のことを考えたら、引っ越しを機会に一旦解約をしてしまうのも一案です。その上であらためて、光回線とプロバイダーがセットになっている通信会社や、各地域の電力会社系列の光サービスに切り替える方がよいかもしれません。

2、光回線とプロバイダーがセット契約の人

プロバイダーへ引っ越しの連絡をするだけで済みます。各プロバイダーの手順に従って手続きや工事を進めてください。

結論→引越し手続きは、回線とプロバイダーが別か同じかで変わる

新規にインターネット契約する場合の手続き

1、電力系通信事業者などの場合

引っ越しを機にインターネット契約を新規にする場合、たとえば電力会社系ですと以下のような流れになります。

1、 利用する事業会社を決める
2、 事業会社のホームページから申し込むか電話で申し込む
3、 申し込み終了
4、 後日、事業会社から工事日程の連絡が来て日程を決める
5、 接続に必要なID・パスワードが郵送で届く
6、 事業会社の工事業者に指定日に工事をしてもらう
7、 工事が完了してネットが使えるようになる

2、集合住宅などでNTT回線とプロバイダーを別々に契約する場合

フレッツ光とセットになっているプロバイダーを選びましょう。ネット契約とプロバイダー契約が同時にできるので便利です。

セットになっているプロバイダー会社

BIGLOBE    http://www.biglobe.ne.jp/
OCN      https://www.ocn.ne.jp/
Nifty              https://www.nifty.com/
So-net           https://www.so-net.ne.jp/
ASAHIネット   https://asahi-net.jp/
B.B.excite      http://bb.excite.co.jp/
WAKWAK       https://www.wakwak.com/
Plala              https://www.plala.or.jp/
DTI                http://dream.jp/ftth/withflets/

申し込みはプロバイダー会社から行います。その方がお得なキャンペーンが多いからです。

具体的な工事の流れ
1、 プロバイダーを決める
2、 プロバイダー会社のホームページから申し込む
申し込み時にフレッツ光を使えるか確認してください
3、 申し込み終了
4、 後日NTTの工事日程の連絡が来て日程を決める
5、 プロバイダーから接続に必要なID・パスワードが郵送で届く
6、 NTTの業者に指定日に工事してもらう
7、 工事が完了してネットが使えるようになる

結論→新規契約は、回線とプロバイダーがセットになっている会社を選ぶ

NTT以外の回線とプロバイダーの同時サービスを行なっている会社を利用する場合の注意点

電話をナンバーポータビリティするときは最大10年間しか使えません。理由はNTTでの休止手続きに期限があり、それが最大10年間だからです。注意しておきましょう。

まとめ

プロバイダーとNTT回線が別なのでややこしいです。できるなら同時サービスを行なっている業者がおすすめです。

ただ、電話のナンバーポータビリティだけ注意しましょう。戸建の人は最初から新しい会社で番号をもらう方が安心かもしれません。

新規契約の場合、訪問で設定サービスを無料で行ってくれる通信事業業者もありますので、電話やメールで確認しましょう。

安定した固定インターネット回線を利用して、引越し後の楽しいインターネットライフを満喫してください。

トップへ戻る