引越し費用が一年で最も安くなる時期とお得な利用の仕方

引っ越しをする事情は人により様々です。ただ、同じサービス内容ならかかる費用は安いに越したことはありません。今回は、引っ越し費用が安い時期と、その利用方法について解説します。

引っ越し費用の安い時期とは?

狙い目は引っ越し閑散期

引っ越しをするにあたって、一年で最も費用が安くなる時期とは、すなわち引っ越し業者の閑散期です。業者の閑散期とは、つまり繁忙期の逆をイメージすれば分かりやすいです。

たとえば、学生の卒業や新入社員の入社、転勤などが重なる3月・4月などは、次のステップである「入学・就職・人事異動」に合わせての引っ越しが多いため、引っ越し業者にとっては超繁忙期にあたります。

この時期の引っ越しは、需要が供給を上回るため、1年でもっとも費用が高くつきます。

また、そもそも引っ越し業者の予約がとれない可能性さえあります。業者の予約がとれず、引っ越しの目処が立たなければ、その後の準備や手続きを行うことさえままなりません。

そのため、引っ越しの時期をある程度調整できるのであれば、3月・4月の繁忙期はできるだけ避けた方がよいでしょう。

エリアでも違う繁忙期

引っ越し業者の繁忙期は、その業者がカバーしているエリアによっても異なってきます。オフィスの多いエリアであれば普段の物流も多く、また転勤などによっても引っ越し業者のリソースがとられてしまったりすることがあります。

なお、閑散期など時期によっては業者個別で行っているキャンペーンを活用することで、通常よりも安い料金で引っ越しができる場合もあります。

いずれにしても、引っ越し業者に見積もりを依頼する前に、業者の繁忙期・閑散期を知り、かかる費用の差を把握するようにしましょう。

繁忙期を避けて引っ越し依頼をする例

家族で移動時期をずらして低料金で引っ越し

実際にあった例ですが、3月・4月の繁忙期に引っ越し業者から見積もりをとった場合、他社の10倍の料金を提示される場合もあります。

この例は、夫婦と子供の3人家族ですが、旦那さんの転勤のためどうしても3月中に引っ越しをする必要がありました。そこで、旦那さん一人だけ先に、身の回りの必要最低限のものだけを自家用車で運び、引っ越しました。

その後、繁忙期が過ぎた5月になって、奥さんと子供さんがあとで追いかけて引っ越しをすることにより、通常より安い料金で済みました。

このように、繁忙期を避けて引っ越す方法は工夫次第で可能です。会社が全額負担してくれるなら話は別ですが、自己負担の場合はくれぐれもあせって損しないようにしましょう。

さらに安く引っ越しをするために

できるだけ平日に引っ越す

さらに引越し料金を安くするために、閑散期の中でも土日や祝日を外した平日に引っ越しを行うのがおすすめです。

この理由も、先の説明と同じですが、平日よりも休日の方が荷物の受け取りが可能な人が多く、その分の物流が発生しているために引っ越し業者が混みあっている可能性が高いからです。

業者によっては平日と休日で料金に差が出るところもありますし、混みあっていて予約が取れなければ意味がありません。そういった状況では仮に予約がとれても、当日の時間の調整が難しかったりするケースもあります。

そのため、休日にかかる日程での引っ越しよりも、そうでない平日に引っ越しをする方がおすすめです。

時間とお金を比較して判断

引っ越し作業は、荷物の運送自体は業者に依頼するとしても、梱包などその他の準備や手続きは自分でしなければならないことがほとんどです。休日を避けるというのは、単に費用だけの話ではなく、自分の時間を調整しやすいというメリットが大きいのです。

時間はお金で買い戻すことができませんから「自分で時間の調整ができる」ということは単なる額面だけの話ではなく、実感として安く感じるメリットがあります。

荷造りで費用を抑える方法

ダンボール個数を減らす

荷造りの仕方も費用を抑える上で忘れてはならない要素です。

多くの場合、ほとんどの荷物は自分だけで梱包をします。引っ越し業者のプランによっては業者が荷造りをしてくれますが、その分費用がかさみます。

すなわち、自分でできる引っ越しの費用を安く抑える方法という観点からすれば、荷造りというより「荷物量=ダンボール個数」を減らすことが重要なポイントといえるでしょう。

処分するものを決める

引っ越しは、自分の中で必要なものとそうでないものを選別する良い機会です。この機会にこれまでほとんど使わなかったもの、今後も使う予定のないものを処分するようにします。

これにより、荷物量が減り運送費用を抑えられるだけでなく、引っ越し先のスペースが処分した荷物の分だけ確保できるというメリットがあります。

一つ一つ処分するものを選別するのが難しい、ということであれば最低限必要なもののみを持っていくことにして、その他のものは全て処分と割り切ってしまうのも一つの方法です。引越し業者に依頼すると、不用品処分も行なってもらえるので、相談してください。

不要なものを維持することで、その分のスペースや場合によっては余計なコストまでかかってしまうことを念頭において、荷造りしていきましょう。

安い時期を見計らって引っ越しの準備と手続きを

引っ越しをするのに安い時期は、一般的に3~4月といった引っ越し業者の繁忙期を除いた時期であることを説明しました。

もちろん、全てのケースでこの時期が当てはまるわけではありませんが、人の動きが多い時期を避ける方が費用を安く抑えられることに変わりはありません。

額面上の費用が安くても、休日の拘束時間が長いとかえって割高に感じてしまいがちです。タイミングを見計らってスムーズな引っ越しを心掛けましょう。

トップへ戻る