引っ越しにともなう粗大ゴミ・不用品の処分方法

引っ越しが決まって新居での新しい生活に、胸がワクワク高鳴ったり不安が募ったりいろいろな感情が重なります。

しかし、避けて通れない現実問題が、引っ越し時に出る粗大ゴミや不用品の処分です。

不用品の処理方法には、

「粗大ゴミとして廃棄処分する」
「家電リサイクル法にのっとり処理する」
「不用品をお金に換える」

の3つのパターンがあります。

引っ越し直前になって慌てないように、事前にどのような方法があるのか把握しておきましょう。

粗大ゴミとして廃棄処分する方法

粗大ゴミ処分の3つの方法とは?

引っ越しにともない不用品を粗大ゴミとして処分する場合、以下の3つの方法があります。

1、地域の粗大ゴミ受付センター(自治体)への依頼
2、民間不用品回収業者への依頼
3、引っ越し業者への依頼

ひとつずつ見ていきましょう。

1、地域の粗大ゴミ受付センターへの依頼

済んでいる自治体(市区町村)により、少しずつ制度が違います。

・シールを貼って指定場所に出し、回収に来てもらう
・焼却場に自分で持ち込む
・臨時大量ゴミとして自宅まで回収に来てもらう

などの方法があります。
いずれにしても、ほとんどの場合、自治体や粗大ゴミ受付センターへ事前申し込みが必要です。通常は有料となっています。

流れの一例として、申し込み後、手数料相当の料金シールを購入し、シールを貼ったゴミを申し込みの際伝えた日時に、指定された場所に出しておくと回収してくれる、というものです。

焼却センターに持ち込んだり、臨時ゴミとして自宅まで回収に来てもらったりする場合も、自治体によって回収条件や料金が異なります。

ゴミ回収のパンフレットや、住んでいる地域の自治体のサイトで確認してください。また、電話や受付窓口で、「引っ越しによる臨時大量ゴミの件」と伝えれば、担当部署に取り次いでもらえます。

粗大ゴミ受付センター(自治体)で粗大ゴミ処分をする最大のメリットは、費用が安いということです。

一方、デメリットは、回収までの準備・段取りを自分でしなければならないというわずらわしさにあります。

2、民間不用品回収業者への依頼

民間の不用品回収業者へ依頼する場合は注意する必要があります。

「格安」や「無料」と宣伝していても実際は料金がかかる場合や、高額請求してくる業者も存在します。

家庭のゴミを回収するには「一般廃棄物処理業許可や委託」が必要です。無許可業者である可能性もあるため、安易な利用は控えましょう。

なお、市区町村役場のゴミ担当部署に問い合わせれば、許可業者や委託業者を紹介してもらえたり、適切な処理方法をアドバイスをしてもらえます。

民間の不用品回収業者へ粗大ゴミ処分を依頼するメリットは、片付けや分別などもやってくれて、楽ちんなところです。

一方、デメリットは料金が高いということです。

3、引っ越し業者への依頼

多くの引越し業者も不用品処理を代行してくれます。中には、引っ越し当日に同時に引き取ってくれる業者もあります。

見積もりを相談する際、不用品の引き取りが可能か確認しておきましょう。また、引っ越し費用と不用品処分費用をまとめて算出してもらえば、別の回収業者に依頼する手間を省けるメリットがあります。

メリットは、引っ越しと同時に済ませることができ効率的なこと、デメリットは引っ越し荷物と不用品の境界が曖昧になりがちなことです。

以上、3つの「粗大ゴミとして廃棄処分する方法」を紹介しました。

費用的に一番安くつくのが地域の粗大ゴミ受付センター(自治体)への依頼で、一番手間いらずで楽なのが引っ越し業者への依頼です。

それぞれの事情により取捨選択してください。

家電リサイクル法にのっとり処理する

家電製品とパソコンは法律で規制

家電製品やパソコンは、

「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」
「パソコンリサイクル法(資源の有効な利用の促進に関する法律)」

により、指定された方法にしたがって処分する必要があります。

テレビ(液晶、プラズマ、ブラウン管)
冷蔵庫
冷凍庫
洗濯機・衣類乾燥機
エアコン

は、家電リサイクル法の対象になっており自治体で回収することができません。

購入した家電量販店か買い替えする小売店に依頼できます。メーカーごとにリサイクル料金が異なるため、確認しておきましょう。

店舗での引き取り依頼が難しい場合は、指定引き取り場所に直接持ち込む方法などもあるので、住んでいる自治体へ相談しましょう。

パソコン処分はデータ管理に注意

一方、パソコンは「資源の有効な利用の促進に関する法律」により、不要となったパソコンをメーカーが回収・リサイクルすることが定められています。

「PCリサイクルマーク」がついたパソコンは、メーカーに連絡すれば無償で回収してもらえます。

小型家電リサイクル法に基づき、一部の家電量販店や市区町村での回収も行われています。マークがついていないパソコンや、万一メーカーが倒産したなどの場合は、有料で「パソコン3R推進協会」が回収を行っています。

パソコンを処分する際には、必ずデータを削除しましょう。ハードディスクにはメールやショッピング履歴などの個人情報が記録されています。

データを削除しないまま処分すると、悪用される可能性もあります。個人で削除が難しい場合は専門業者へ依頼して削除してもらいましょう。

不用品をお金に換える

リサイクルショップで出張査定

ゴミとして捨てるにはもったいないと思えるものは、

「リサイクルショップ」
「ネットオークション」
「フリーマーケット」

などでお金に換える方法もあります。

とにかく、すぐに処分したいという場合は、リサイクルショップという方法があります。

比較的新しい家電などなら買い取ってもらえる場合が多いです。家具なども含め、不用品全体を出張査定などで買い取り金額を査定してもらい、処分代を節約する方法もあります。

また、ブランド品が多い人は、宅配買取りサービスを利用すれば、無料で回収・値段査定をしてくれ、直接持ち込む必要がないため手間を省くことができます。

ネットオークションなら何でも売れる可能性あり

ネットオークションやフリーマーケットは、不用品を全て売ることは難しいですが、リサイクルショップで買取りが難しいものでも買い手が現れる可能性もあります。

値段も自分で決められるのでリサイクルショップでの査定額よりも高く売れることもあります。

しかし、商品の撮影、出品、説明書き、発送などを自分で行わなければならないため、手間をかけたくない人や引っ越しまで時間がない人は他の方法での処分が望ましいです。

ネットオークションは、時間がたっぷりある人や、引越し後にゆっくり処理できる余裕のある人向けです。

不用品の処分は計画を立てよう

ギリギリであわてない

引っ越し日近くになっても、不用品の処分が終わっていないと、

「家電ってどうやって処分するんだっけ?」

「引っ越しまであと数日なのにまだ終わる気配がない!」

などと、直前にバタバタしてしまうなんてことになりかねません。

ネットオークションやフリマアプリは、出品から発送までの手間があるため、ギリギリまで出品するのは避けて、荷造りなど他の引っ越し準備に支障が出ないように気をつけましょう。

ゴミとリサイクルするものを早めに選別する

ものによってはなかなか売れない場合もあるので、早めに見切りをつけてゴミとして処分するか、身近に欲しい人がいれば譲るなどの選択肢も頭の片隅に置いておきましょう。

不用品を捨てるにしても、売るにしても、譲るにしても、引っ越し直前でやろうとすると難しいものです。

引っ越しが決まったら、事前申し込みが必要な粗大ゴミなど処分に手間取るもの、確実に処分したいものを優先して、不用品の処分方法を考えることも大切です。

引っ越し前に3つの処分方法を把握しておく

引っ越しにともなう粗大ゴミや不用品の処理方法として、

「粗大ゴミとして廃棄処分する」
「家電リサイクル法にのっとり処理する」
「不用品をお金に換える」

の3つのパターンを紹介しました。

いざ引っ越しが決まったら、引っ越しスケジュールに照らし合わせて、余裕を持った処分計画を立てましょう。

引っ越し直前で慌てることなく、スッキリした気持ちで新しい生活を迎えたいものです。

トップへ戻る