お仏壇の引っ越し方法と、お坊さんへの依頼の仕方

引っ越しにともない仏壇を移動~運搬しなければならない場合、どのような準備や手続きが必要かわからない人が多いです。

例えば、

・仏教の供養儀式が必要なのか?
・お坊さんにはどうやって依頼すればいいのか?
・仏壇内の仏像・位牌・遺影などはどう梱包すればいいのか?

などです。

実際に仏壇を引っ越しする場合、多くの宗派では次のような3ステップの手順で行うのが通例です。

1、引っ越し前に、お坊さんに「魂抜き(たましいぬき)」「お性根抜き(おしょうねぬき)」の供養儀式をしてもらう
        ↓
2、仏壇・仏具・位牌・遺影などを新居へ運搬して再設置する
        ↓
3、引っ越し後、お坊さんに「魂入れ」「お性根入れ」の供養儀式をしてもらう

というような流れになります。以下で、流れに沿って詳しく解説します。

手順1、引っ越し前に、お坊さんに「魂抜き」「お性根抜き」の供養儀式をしてもらう

なぜ引っ越し前に「魂抜き」「お性根抜き」をするのか?

仏教の多くの宗派では、仏壇(正確にはご本尊仏像・掛軸やお位牌等)に対し、「魂を入れる・抜く」「お性根を入れる・抜く」という考え方をします。

最初に仏壇を購入した時に行う儀式を、魂入れ(たましいいれ)・お性根入れ(おしょうねいれ)などといい、これを開眼供養(かいげんくよう)と呼びます。

そして、仏壇を引っ越しなどにともない移動・運搬する時に行う儀式が、魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)などといい、これが閉眼供養(へいがんくよう)と呼ばれるものです。

【魂・お性根抜き供養状況】

私たちは、「仏さまやご先祖様の魂がそこにある」と信じているからこそ、いつの仏壇に手を合わせています。これは、お坊さんにより仏壇に魂を入れてもらっているからです。

つまり、仏さま・ご先祖様がそこにいる状態のままで仏壇を引っ越しさせることは失礼に当たり、仏教の多くの宗派ではタブーとされているのです。

こうした理由から、仏壇を引っ越し~移動する場合、お坊さんに依頼して仏壇から魂を抜いて供養をしてもらう必要があるのです。

魂・お性根を抜くことにより、一旦仏壇は単なる入れ物になります。そうすることにより、引っ越しで動かしてもよいという考え方になります。

ちなみに浄土真宗では、魂・お性根という概念がありません。その代わりに、遷仏法要(せんぶつほうよう)・入仏法要(にゅうぶつほうよう)という考え方の儀式があります。仏壇の移動の際には他の多くの宗派と同じように、これら読経の儀式が行われています。

要は、宗旨宗派が違っても、仏壇を引っ越しする前に、お坊さんにお経を上げてもらうことが必要になります。

ちなみに引越し先に仏壇を置くスペースがなく、仏壇処分をしてしまいたい場合も、この魂抜き・お性根抜き・閉眼供養を行うことになります。

お坊さんへの依頼の仕方

もともとあなたやあなたの家が、代々どこかの寺院の檀家の場合は、直接供養の依頼をしてください。

檀家とは特定の寺院(旦那寺)に対し、お布施という名の寄付をしたり奉仕をしたりして、その寺院の存続を支える登録会員のような存在です。サッカーの熱烈サポーターのようなイメージです。

会員なので、葬儀などいざというときにすばやくお坊さんが駆けつけてくれるのです。仏壇を引っ越す際に魂抜き供養をする際も同様です。引っ越し前に閉眼供養を依頼しましょう。

ただ、近年の檀家離れなどで寺院との付き合いが希薄になってきています。気軽に供養のことについて、相談できるお坊さんも少なくなってきている人が多いのも現実です。

それでもあまり心配することはありません。最近ではインターネットでお坊さんを手配してくれるサービスもあります。

わずらわしい檀家関係とは無縁で、お坊さんに供養を依頼することも簡単にできるようになってきました。

「お坊さん手配」「お坊さん派遣」などで検索すれば見つかります。

手順2、仏壇・仏具・位牌・遺影などを新居へ運搬して設置する

魂抜き供養が終われば、仏壇はただの入れ物として運搬することができます。移動の際のポイントは以下の3点です。

1、仏壇内の仏具配置を記録しておく
引越し先で仏壇を再設置したときに、仏具の置く位置がわからなくなることがあります。どの仏具がどこに置いてあったのかが思い出せないのです。

このため、引っ越し前に写真を撮ったりメモに控えたりして、再設置が簡単にできるようにしましょう。

引越し業者さんにはその旨を伝え、しっかり対応してもらうようにしてください。お位牌の数や表裏の違いなども間違わないようにします。

2、ご本尊や位牌は目隠しをして移動させる
仏壇内のご本尊(仏像や掛軸)・位牌・過去帳・遺影写真などは、白布や白い紙などで包んで移動させます。魂入れの対象になるものに対し、移動時に目隠しをするという意味合いがあります。

目隠しをした上で、他の仏具などとは別のダンボール箱に入れて、大切に運搬しましょう。

3、仏壇を見られないように梱包する
仏壇はできるだけわからないように保護梱包しましょう。仏壇を移動しているところを見られたくない人も多いからです。その理由は、

1、先祖代々の仏壇を移動することそのものに対する抵抗感
2、仏壇の大きさや材質により、生活程度を推察されることへの抵抗感
3、檀家を離れたい場合、寺院や近隣檀家などに対する後ろめたさ

などです。高齢者などは特にこの傾向が強く、今どきの若者には理解しがたい心情ですが気をつけたいポイントです。

手順3、引っ越し後、お坊さんに「魂入れ」「お性根入れ」の供養儀式をしてもらう

供養は1日で済ますか?2回に分けるか?

引っ越し後、仏壇を再設置したらあらためてお坊さんに、魂入れ・お性根入れの開眼供養を行ってもらいます。

引っ越しが比較的早く済む場合は、引っ越し前の供養と引っ越し後の供養を1日で済ませてもよいでしょう。

その間、お坊さんには少々待っていただくことになります。それが難しい場合は、日を改めてお坊さんに供養に来ていただいた方がよいでしょう。

お布施はいくら渡せばよいか?

お坊さんにお渡しする「お布施」は引っ越し前・引っ越し後の供養それぞれ、またはまとめて2供養分お渡しします。この渡し方はお坊さんと相談してください。

また、お布施金額相場は1回あたり、1~5万です。宗派によっても寺院によっても違います。ちなみにインターネットでのお坊さん手配の相場は1回あたり3万5千円です。

引っ越し前・引っ越し後の供養を1日で連続して行う場合は、4~5万円程度が相場です。

ただ、お布施はあくまでも「寺院への寄付」であり「感謝の気持ち」ですので、原則はいくらでもよいことになります。経済的に無理のない範囲でオッケーです。

まとめ

仏壇の引っ越しは少し面倒ですが、きちんと供養をした上で行った方が、あなたの気持ち的にもまた、親類を納得させるためにもベターでしょう。

引越し業者によっては、供養の済んでいない仏壇の移動や処分を拒否する業者もありますので、必ず事前に確認しておいてください。

きちんと供養をして、後悔のないよう引っ越しを行ってください。

なお、引っ越しにあたり仏壇・位牌・遺影・過去帳などを供養処分したい場合はコチラ↓
http://reset-soul.com/ihai/

トップへ戻る