引っ越しらくらくパックのサービス内容と費用相場

引っ越しといえば何かと手間と時間がかかるイメージを持つ人は多いでしょう。そんな中、とても便利な引っ越しサービスもあります。

今回は、そのような便利で引っ越しを手軽に済ませる事のできる「引っ越しらくらくパック」のサービス内容や料金相場などについて解説していきます。

引っ越しらくらくパックとは?

あなたの代わりにいろいろやってくれるサービス

引っ越しらくらくパックとは、簡単に言えば「あなたの代わりに引っ越し会社が、いろいろな作業をしてくれる」サービスのことです。引っ越しらくらくパックという特定のサービス名とは限らず、引っ越し会社ごとにサービスの名称は異なります。

一般的に、引っ越しでは荷造りや荷解きは利用者が自分で行います。引っ越し会社が行うのは、梱包が済んだ荷物を新居に運んだり、大型の家具を梱包して運んだりするだけというケースが多いです。

ただ、仕事が忙しくて荷造りする時間がなかったり、できるだけ手間をかけずに引っ越ししたいと考えたりする人もいるでしょう。そんな人のために提供されているのが、引っ越しらくらくパックサービスなのです。

サービス内容は引っ越し会社ごとに異なる

本来は利用者が行う作業も含め、引っ越しで発生するさまざまな作業を代行してくれます。どのような作業を行うかは各引っ越し会社によって異なりますが、基本的には梱包や搬出・搬入・荷解きなどが挙げられます。

利用者からのニーズが高いこれらの作業をまとめて依頼できるケースもあれば、特定の作業だけを任せるケースもあり、内容はさまざまです。

このサービスを利用すると、利用者は貴重品の管理や身の回りの品を運ぶなど、簡単な作業だけを行えば良いので非常に便利です。各引っ越し会社のらくらくパックサービスには違いがあるので、依頼する際は内容をよくチェックしましょう。

主なサービス内容とは?

1、ダンボール梱包

一般に、引っ越しでは細かい荷物は利用者が段ボールに詰めるよう求められますが、らくらくパックを利用すれば、面倒な梱包作業も引っ越し会社のスタッフが行ってくれます。

・範囲指定できる
梱包してくれる範囲はサービスによって異なり、家中の荷物はもちろん、キッチン回りのみなど特定の範囲を指定できるケースもあります。

梱包作業に必要なスタッフの人数は、最初の見積もりの時点である程度決めることが多いです。見積もり担当者が実際に家の中を見て、どれくらいの荷物量なのかをチェックし、スタッフが何人必要かを判断します。

・梱包作業は原則引っ越し当日
梱包作業は引っ越し当日に行われるのが基本で、ほかの大型家具などの梱包や搬出と同時並行で行われます。ただし、荷物の量が非常に多く、引っ越し当日だけでは終わりそうにないと判断された場合は、前日からスタッフがやって来て作業することもあるので確認しましょう。

・作業は範囲ごとに担当
らくらくパックによる具体的な梱包作業の流れとしては、まず梱包する範囲ごとに担当スタッフを決めます。間取り図や見積もり結果などをもとに、段ボールに番号を割り振ったり見取り図を作成したりしながら作業を進めていきます。

見取り図を作成するのは、荷解きする際にどの荷物がどの段ボールに入っているのかすぐに確認できるようにするためです。

利用者にとっては梱包の手間がかからないだけでなく、プロが使う専用の梱包資材で作業してもらえるためスピーディーに引っ越しを進められるというメリットもあります。

2、荷物の荷解き

通常の引っ越しでは、搬出した荷物を新居に搬入すれば作業は終了となります。しかし、らくらくパックを利用すれば新居への搬入はもちろん、荷解きまでスタッフが行ってくれるのです。

新居に到着すると、まず搬入で新居を傷つけないように養生が行われます。利用者が指定した場所にそれぞれの荷物を搬入し、洗濯機や冷蔵庫などもセッティングしてくれます。それらの作業がひと段落すると、部屋ごとに搬入した荷物を担当者が開梱して設置していくのです。

・搬入場所とレイアウトを決めておく
ここで重要になるのが、どの荷物を新居のどの部屋に運ぶのか、引っ越し前にしっかり決めておくということです。

いざ引っ越してから「その荷物はどこに置こうかな」「あっちに、いややっぱりこっちの部屋へ」などと悩んでいると、引っ越しをスピーディーに終えることができません。

家具や荷物の設置場所が決まらなければスタッフも開梱作業に入れないので、大型家具を中心にある程度レイアウトを決めておくようにしましょう。

・梱包資材は持ち帰ってくれる
開梱作業が終了すると、梱包資材はそのままスタッフが持ち帰ってくれます。通常の引っ越しと違い、梱包資材を自分でゴミに出したり引っ越し会社に引き取りに来てもらったりする必要がないため手間がかかりません。

・翌日にずれ込む場合もあり
また、開梱作業は基本的に引っ越し当日に行われますが、時間帯や荷物の量によっては翌日にずれ込むこともあります。引っ越し会社側の都合で翌日にずれた場合は問題ないのですが、利用者の都合で翌日に開梱を依頼する場合は注意が必要です。

翌日に再度スタッフに来てもらうとなると、人件費や交通費が新たにかかってしまうため、引っ越し料金とは別に費用を請求される可能性もあります。

開梱作業を依頼する場合は、万が一翌日に作業がずれ込んだ場合どうなるのか、見積もりの時点でしっかり確認しておきましょう。

らくらくパックのサービスに含まれない作業

らくらくパックは家中の荷物を梱包したり搬出してもらったりできますが、引っ越しに関わるすべての作業を代行してくれるわけではありません。サービスに含まれない作業もあるため、ある程度は利用者が自分で行う必要があります。

貴重品の管理

サービスに含まれないものの代表的な例が「貴重品の管理」です。貴重品は取り扱いに注意が必要なものも多かったり、紛失や破損などが起きた際に大きなトラブルになったりするおそれがあります。

そのため引っ越し会社では、らくらくパックであっても貴重品は利用者自らが管理するよう求めていることが多いです。貴重品の範囲は各引っ越し会社によって異なることもあるので、事前に確認しておきましょう。

部屋の掃除

また、荷物を搬出した後の部屋の掃除も、多くのケースでらくらくパックのサービスには含まれません。

なかには、オプション扱いで掃除を請け負っている引っ越し会社もありますが、その場合も実際に掃除を行うのは専門の清掃会社のスタッフであることが多いです。引っ越し会社のスタッフが掃除をしてくれることはほとんどないので、基本的には自分で最後の掃除をしなければならないと思っておきましょう。

ちなみに、賃貸物件の場合は退去後にオーナーが専用の清掃業者を入れるケースがほとんどです。自分が隅々まで完璧に掃除したり、別途清掃業者に依頼したりしなくても問題ありません。マナー違反にならない程度にきれいに掃除すれば良いので、あまり心配しないようにしましょう。

各種手続きや届け出

さらに、引っ越しによる転居届や各種契約手続きの変更なども、すべて自分で行わなければなりません。水道や電気、インターネットプロバイダの変更などをはじめとして、口座やクレジットカードなどの住所変更も必要です。

ただ、引っ越し会社によっては、ライフラインの使用停止や使用開始などの手続きを代行してくれるところもあります。らくらくパックには含まれていないことが多いですが、各種手続きが面倒な場合はそういったサービスがある引っ越し会社を探すと良いでしょう。

らくらくパックの料金相場は?

便利な分料金は割高

荷造りや荷解きを利用者が自分で行う一般的な引っ越しと比べると、らくらくパックの利用料金は割高になります。もちろん、引っ越し料金は荷物の量や移動距離などによって異なるため一概には言えませんが、サービスが充実している分割高になると考えておきましょう。

具体的にいくら料金がかかるかは、各引っ越し業者に見積もりを依頼しないと正確にはわかりません。あくまでも相場ですが、

同一県内の20kmから50km程度の引っ越しの場合、

単身者の引っ越しでは、約8万円~10万円
家族世帯の引っ越しで、約13万円~20万円

で依頼できるケースが多いです。

荷物量と季節により料金相場には幅がある

荷物量がある程度決まっている単身者の場合は、らくらくパックの料金を固定して表示している引っ越し会社もあります。ところが、家族世帯の場合は人数や荷物の量もバラバラで料金の設定が難しいため、実際に見積もりをしないとわからないということも珍しくありません。

サービス内容によっても料金は上下するので料金相場は参考程度ですが、らくらくパックを利用しない場合と比べると割高であることは確かです。また、引っ越しが増える3月~4月、9月~10月の繁忙期には料金が上がる傾向にあるため注意しなければなりません。

実際に見積もりをしてもらうのが一番早い

このように、らくらくパックの料金相場は断言するのが難しいため、やはり実際に見積もりを行うことが大切です。

らくらくパックは、サービス内容によっては利用者が何もしなくても引っ越しを終えられる便利なサービスです。サービスが手厚い分だけ料金が高くなってしまうのは仕方ないと言えます。

引っ越しにかかる手間と料金を比較し、自分が重視するものを正しく選ぶようにしましょう。

少しでも料金を安くするコツ

サービスが手厚い分だけ、らくらくパックの料金はどうしても割高になりがちです。仕方のないことなのですが、引っ越し費用は少しでも節約したいと考える人も多いでしょう。

複数社で相見積もりを取る

このような場合は、引っ越しの見積もりをできるだけ多くの会社で行うことがポイントです。1社だけに見積もりを依頼すると、その結果が適正価格なのか、高すぎるのか判断できません。

その点、複数の会社で見積もりを行えば、料金の相場が見えやすくなります。見積もり結果を比較することで、より安い料金の引っ越し会社を見つけることができるでしょう。

早期割引、ネット割引を利用する

また、引っ越し会社によっては早期割引を行っていたり、インターネットからの申し込みで割引を行っていたりするところもあります。中古の段ボールを使うことで割引をしていることもあるので、各社のキャンペーン内容などを調べ、少しでも安く申し込める引っ越し会社を探すのも効果的です。

安さだけで選ぶと後悔することもある

ただ、料金の安さだけを重視するのは避けましょう。「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安いにはそれなりの理由があります。荷物の量に対してスタッフの人数が少なかったり、荷物の取り扱いが雑だったりすることもあるかもしれません。

高いクオリティを求めているのであれば、料金が割高だったとしても、サービス内容や実績に信頼がおける引っ越し会社を選んだほうが良いでしょう。安さを求めるのも決して間違ったことではありませんが、引っ越し会社の実績や評判にも気を配って契約することが大切です。

まとめ:らくらくパックのサービス内容は目的に合ったものを選ぼう

引っ越し会社は、自社の強みを活かしてさまざまなサービスを提供しています。

女性スタッフのみを指名できたり、引っ越し後に10分間の何でもサービスを行っていたりと、料金だけでなく内容もさまざまです。

「あなたが楽できる」ことが一番のメリットですが、その他自分の目的に合ったらくらくパックサービスを見つけ、後悔しないようできるだけ手軽に引っ越しを済ませてしまいましょう。

トップへ戻る