学生向け引越しサービスの種類と料金相場

一人暮らしをする学生の引越しは、荷物が少ないので比較的割安になります。ただ、はじめての場合、具体的にいくらくらいかかるのかの相場を知っていれば安心です。

また、学生の引越しにはどのような種類の引っ越しサービスがあるのかも把握しておきたいです。

今回は、一人暮らしをする学生の引越しサービスの種類と引越し料金の相場について解説します。

学生向け引越しサービスとは?

一人暮らしをする学生向けには、「単身向けパック(単身パック)」という引越サービスがあります。

「単身パック」とは日本通運の登録商標です。他の各運送会社も違うサービス名称で同様の単身向け引越サービスを行っています。以下ではまとめて「単身パック」といいます。

単身パックは、決められた大きさ・容量のコンテナボックスに荷物を積み込み、他の依頼者の荷物と一緒に相積みでトラックに載せて運搬するサービスです。

日本通運やクロネコヤマト・サカイ引越センターなど、大手の引越し業者で展開されています。

運べる荷物の量は通常と比べると少ないので、実家を出て新生活を始める学生や、家具付きの物件に引っ越す場合など荷物の量が少ない人に適しています。

初めての一人暮らしで荷物が少ない場合は「単身パック」が断然お得です。

単身パックのメリット・デメリット

単身パックと、通常の引越しプランの違い

「単身パック」が荷物の大きさ・容量が予め決まっているのに対し、通常の引越しプランは単身であっても荷物量制限がありません。

なぜなら、あなた専用にトラックや作業員が来てくれるからです。ただ、「単身パック」と比べるともちろんコストがかかります。

通常の引越しプランは、荷物の量をあらかじめ引越し業者に確認してもらいます。そして、距離や日程を加味しながら見積もり金額が算出されます。

「単身パック」で積みきれない量の荷物を運ぶ時は、単身であっても通常の引越しプランを利用して引越しをすることになります。

単身パックのメリット・デメリット

メリット

・料金を安く抑えられる
・原則訪問見積もり不要で手間いらず

デメリット

・運べる荷物の量やサイズに制限がある
(超えた分は別の方法で運ぶ必要がある)
・ダンボール等の梱包資材は自分で準備する必要がる
・利用可能エリアに制限があり、引越し先によっては利用できない

通常の引越しプランのメリット・デメリット

メリット

・全ての荷物を運んでもらえる
・ダンボールなどの梱包資材はサービスでもらえる
・利用エリアに制限がない

デメリット

・訪問見積もりが必要
・荷物が多いとその分料金がかかる

それぞれのメリット・デメリットをまとめると下表のようになります。

比較項目   単身パック 通常プラン
料金   安い 高い
見積もり   原則不要 必要
荷物量   制限あり 制限なし
荷物サイズ   制限あり 制限なし
梱包資材   有料 無料
利用エリア   制限あり 制限なし

荷物の量が少なく出来るだけ安く済ませたい場合は単身パック、持っていきたい荷物を全部まとめて運んで欲しい場合は通常の引っ越しプランを利用すると良いでしょう。

大学生の場合は、大学内にある生協で引越しの割引プランを利用できるケースがあるので、そちらも確認しましょう。

学生の引越し料金相場

引越し料金はどうやって決まるか?

一般に、引越し料金は荷物の量と引越し先までの距離によって決まります。

つまり、引越し時の荷物が少なかったり距離が短かったりすると引越し料金は安くなります。

また、一般的に引越しシーズンと呼ばれる2月後半から4月の引越しは高くなる傾向にあります。

学生の引越しは、この引越しシーズンとかぶる場合が多いので、予め心構えが必要です。

引越し料金の一般相場

引越し先までの距離に対する一般的な引っ越し料金相場を、季節別に下表にまとめます。表中の最低金額は荷物が少ない場合で、軽トラックに積める程度の荷物量です。また、最高金額は荷物が多く、1,5トンや2トントラック程度に積める荷物量の場合です。

通常期(5月から1月)の料金相場

運搬距離 引越し料金相場
〜15km 34,000〜45,000円
〜50km 36,000〜45,000円
〜200km 42,000〜61,000円
〜500km 53,000〜77,000円
500km以上 61,500〜96,000円

繁忙期(2月から4月)の料金相場

運搬距離 引越し料金相場
〜15km 40,000〜53,000円
〜50km 48,000〜58,000円
〜200km 46,000〜72,000円
〜500km 53,000〜91,000円
500km以上 67,000〜111,000円

学生の初めての一人暮らしは一般に荷物が少なく、軽トラックに積めるくらいの量で済む場合が多いのが現実です。

以上の一般的な引っ越し料金相場を前提に、単身パックの引越し料金相場を見ていきましょう。

単身パックの引越し料金相場

大手引っ越し会社の単身パックの料金相場を下表にまとめました。(運搬距離目安:同一市内間)

業者名 サービス名 サイズ(cm)
(高×幅×奥行)
料金相場
(円)
日通 単身パックS 155×108×74 15,000~
ー〃ー 単身パックL 175×108×104 16,000~
ー〃ー 単身パックX 199×165×228 51,000~
クロネコ 単身引越サービス
パックmini
130×104×104 13,000~
16,000
ー〃ー 単身引越サービス
パック
170×104×104 14,000~
17,000
サカイ 小口便引越サービス 
(関東~関西間のみ)
144×105×75 要問合せ

単身パックは一般の引越し料金に比べてかなり安いことがわかります。ただ、実際にはデメリットでも述べたように、

・ダンボール等の梱包資材は自分で準備する必要がる
・利用可能エリアに制限があり、引越し先によっては利用できない

などの制限があり、利用エリアや運搬距離・荷物量などによって、同じ条件でも各社により料金差があります。

一括見積りサイトや直接見積もり依頼などで、まずはあなたの引越料金の目安を知っておきましょう。

学生の引越し節約ポイント

1、荷物量をできるだけ減らす
とにかく運ぶ荷物の量を少なくすることにつきます。引越しは整理整頓、断捨離をするよいきっかけと割り切り、必要最低限の量だけ運ぶようにしましょう 。

2、複数の引越し業者に相見積もりを取る
引越し業者同士で「同じ条件」で必ず相見積もりを取るようにしましょう。相見積もりをとらなければ、無駄に引越し料金を高く支払うことになりかねません。

インターネットの「引っ越し一括見積り」を利用すれば、無料で瞬時にあなたの引越し料金の相場がわかります。

3、家電・日用品は引越し先で購入する
できれば新生活で必要なもの(家電や日用品)は引越し先で買い揃えましょう。そうすればその分運搬荷物量が減り、引越し料金も抑えられます。

4、引っ越しは平日にする
学生は社会人より時間の融通がききやすく、出来れば平日に引越しをするようにしましょう。入学シーズン(2~4月)は引越し繁忙期で料金が高い上に、土日に引越しするとさらに費用がかさみます。

まとめ

新生活では、はじめは必要最低限の物だけ購入し、必要になればその都度買い足すのがベストでしょう。

また、できるなら人生経験が豊富な両親に手伝ってもらったり、買い物に同席してもらったりすれば、何が必要かアドバイスをもらうことができます。

実家から離れた土地で一人暮らしを始めると、親に滅多に会うことができなくなるかもしれません。最後の親孝行と思って感謝の気持ちで接すると良いかもしれません。

大学入学が決まってからの慌ただしい新居探し、引越し手続き、新生活の準備、各種手続きをするのは、期間が短く大変ですが頑張りましょう。

トップへ戻る