引っ越しにともなう郵便局の転居届(郵便物転送手続き)

引っ越しの際は、郵便局に転居届(郵便物転送手続き)も出しておきましょう。

届出日から1年間の期限付きで、転送開始希望日から旧住所に届いた郵便物を新住所に無料で転送してもらえるサービスです。(転送開始希望日から1年間ではないので注意してください)

郵便局の転居届はいつまでに行えばよいか

できれば引っ越しの2週間前までがベターです。2週間前をすぎると、役所手続きでバタバタし始めますので、できることは先に済ませておきたいからです。

また、直前であわてて手続きが間に合わず、旧住所に届いた郵便物が転送されない場合もありますので、忘れないように早めに手続きしましょう。

郵便局の転居届手続きで準備するもの

本人確認書類

・個人の場合
運転免許証や各種健康保険証、住民票など

・会社・団体等場合
社員証、各種健康保険証など、手続きをする人と会社・団体との関係がわかるもの

旧住所の記載内容の確認書類

転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等公的機関が発行した住所の記載があるもの

転居届用紙・印鑑

郵便局に備え付けてある転居届用紙(旧住所を管轄する郵便局でもらう事)
用紙に押印する印鑑

郵便局転居届の手続きの流れ

郵便局窓口で手続きする場合

1、引越し前に、旧住所の近所の郵便局で転居届用紙を貰う

2、転送希望日などの必要事項を転居届用紙に記入する

3、必要書類とともに郵便局に提出して完了

転居届用紙を近所の郵便局でもらってきました。こんな用紙です(全国共通)↓

【転居届用紙】

【転居届用紙の記入例】↓

旧住所地で手続きする理由は、転居連絡カードはその地域の配達拠点郵便局が宛先になっているからです。普段仕分けや配達をしてくれていた郵便局員さんに転居することをいち早く知らせた方が、配達間違いなどの郵便事故を防げるという理由です。

インターネットで手続きする場合

窓口に行けない場合は、インターネットで転居届の手続きをすることもできます。本人確認で郵便局から電話を受けるための、携帯電話またはスマホが必要になります。

準備する情報は以下です。

・転居する人の名前
・携帯電話番号(受付するために携帯電話から電話します)
・旧住所&新住所
・メールアドレス
(pcサイトから申し込む場合は携帯のメールアドレスは利用できません)

インターネットでの転居届手続きはこちら(日本郵便の「e転居サービス」)から
https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

転居届を郵送する場合

郵便窓口に行けない場合は、転居届をポストに投函することも可能です。切手をはらずにそのまま投函できます。

この場合、転居届受付後、次の方法により転居の事実確認をされる場合があります。

・日本郵便株式会社社員による現地訪問
・転居者が不在の場合、同居人等への転居者の居住の事実確認
・旧住所あて確認書の送付

【転居届用紙の裏面です】↓

転居届後の注意事項

郵便局へ転居届(郵便物転送届)を出したら、注意する重要なことがあります。

運転免許証や保険証など本人確認書類を郵便局で確認していますが、局員のミスでなぜか登録の名前が間違っており、郵便物が一切届かなかったケースもあります。

また、第3者が本人(あなた)になりすまして、勝手に転居届(郵便物転送届)を出して、郵便物を盗み取る事件も発生しています。

滅多にないことですが、引越し先に郵便物が届かないと感じたら、必ず所轄の中央郵便局や配達拠点郵便局に確認しましょう。

転送サービスは更新も可能

郵便物の転送サービスは基本1年だけですが、転居届用紙を再提出するともう1年延長できます。

介護や住宅の改築等で、一時的にその住所に不在になる場合は、その手続きをしておかないと郵便物が届かず、送り主に住所不明で返送されることになります。

介護で住民票を移さずに郵便物の転送だけしたい場合は、この手続きをちゃんとしておきましょう。最悪、市町村からの重要な手紙も届かなくなるので、忘れずに更新手続きしましょう。

転居届と同時にNHKの住所変更もできます

郵便局の転居届用紙は、NHKの住所変更手続きも同時にできるよう、複写式になっています。

転居届に記入したら、そのままNHK住所変更書類も作成できるので便利です。

【郵便局転居届とNHK手続きがセットになっている用紙です】↓

まとめ

郵便局の転居届は、引越し先の新住所で郵便物を受け取るためには必要不可欠です。

引っ越しは手続きが多いですが、転居届はとても重要ですので、早めに忘れずに申請しましょう。

インターネットでも転送サービスを申し込むことができるので、仕事等で平日の昼間郵便局へ出向くのが難しい人はそちらを利用しましょう。

トップへ戻る