引越しにともなう印鑑登録の廃止・再登録手続きの仕方

引越しの際は、役場へ出向いて「印鑑登録の廃止&再登録手続き」を忘れずに行いましょう。引越し前と引越し後のそれぞれの役場での手続きが必要です。

実印の印鑑登録は、不動産取引、住宅ローン契約、自動車登録など引越し後も、大切な手続きや契約などで必要になります。これらの取引の予定がある場合、早めに手続きを行っておきましょう。

そもそも実印とは何か?

実印は不動産取引、住宅ローン契約、自動車登録、連帯保証人など大切なやりとりが行われる取引で使います。それらの取引では、「使用する印鑑が確かに本人のものかどうか?」を確認するために、印鑑証明書の提出を求められます。

印鑑証明書は住んでいる市区町村役場に印鑑登録することによって、初めて発行してもらえます。三文判やシャチハタは実印として原則登録できません。

引越し時に「印鑑登録手続き」が必要な理由

引っ越しで市区町村が変われば、今まで発行してもらっていた旧住所の市区町村から、新住所の市区町村に再登録する必要があります。

なぜなら、旧住所地で発行してもらう印鑑証明書は、引っ越し後に住民票を移したあとは使用できなくなるからです。

契約や取引がある場合は、必ず引っ越し後の新しい住所地で印鑑の再登録(新規登録)をしておく必要があります。

なお、転出届の提出で印鑑登録は自動的に廃止される場合もありますが、念のために印鑑登録廃止手続きも行っておく方が安心です。引っ越ししても、住む市区町村が変わらない場合は印鑑登録の変更は必要ありません。

ただ、政令指定都市の場合、同じ市内への転居でも区が異なれば印鑑登録の再手続きが必要な場合もありますので、詳しくは地域管轄の役所に確認しましょう。

(参考)登録できない印鑑とは?
・他人がすでに登録している印鑑
・ゴム印など変形しやすいもの
・欠けている印鑑
・印影の文字の判読ができないものや鮮明でないもの
・職業、資格など他の事項も表しているもの
・住民基本台帳又は外国人登録原表に記録又は登録されている氏名、氏又は名前、又は氏名の一部を組み合わせて表していないもの
・印影の大きさが8mm以下又は25mm以上の印鑑
・印影の輪郭が著しく欠損しているもの及び、輪郭がないもの
・市長・区長などが適切と認めない場合

旧住所での印鑑登録廃止手続きの仕方

印鑑登録を廃止する場合は、まず以下の書類等の準備が必要です。

・今まで使っていた実印
・印鑑登録証(カード)
・本人確認書類(運転免許証や、顔写真付きの住民基本台帳カードなど)
・印鑑登録廃止申請書(役場の窓口にあります)

代理人申請の場合はさらに以下の書類が必要です。

・委任状(申請人本人の自署押印が必要)
・代理人の印鑑と、代理人の本人確認書類

これらの書類等を準備し、登録していた市区町村の窓口へ提出し、印鑑登録廃止手続きを行います。

【印鑑登録廃止申請書の例】

新住所での印鑑登録手続きの仕方

新住所地で新しく印鑑登録をする場合は、以下の書類等の準備が必要です。

・登録する実印
・本人確認書類(運転免許証や顔写真付きの住民基本台帳カードなど)
・印鑑登録申請書(役場の窓口にあります)

代理人申請の場合はさらに以下の物品が必要です
・委任状(申請人本人の自署押印が必要)
・代理人の印鑑と代理人の本人確認書類
・登録する実印

自治体によっては、本人が申請すれば陰影を登録して印鑑登録証(カード)を即日発行してくれるところもあります。

代理人申請や自治体によっては即日発行を行わず、後日自宅に送られる文書による照会を必須としているところもあります。

その場合は必要事項を本人が記入し、市区町村役場の窓口で印鑑登録証(カード)を受け取ってください。

【印鑑登録申請書の例】

実印(印鑑)を紛失している場合

いざ印鑑登録を抹消しようとした際に、実印を紛失してしまっていることに気づいた場合は、紛失届けが必要になることもあります。管轄の役場に聞いてみましょう。

また、同じ自治体で登録している印鑑を変えたい場合は、印鑑登録の抹消と登録手続きが両方必要です。

結婚で引っ越しする場合、改姓による印鑑登録手続きの仕方

女性は結婚により姓が変わることが多いです。対策としては、最初から実印は名前だけのものを作っておく方が、結婚後もその実印をそのまま使えます。旧姓が入った印鑑は、結婚後(離婚後も)使えなくなってしまいます。

実印自体は使用できますが、もちろん引越しに伴い、印鑑登録廃止手続きと新規の印鑑登録の両方が必要です。

また、旧姓で印鑑を作っていた場合、改姓後その印鑑は失効するので、新たに実印を作って引っ越し後の市区町村で新規に印鑑登録する必要があります。

なお、以上すべての手続きに必要になってくる本人確認書類は、社員証や健康保険証では申請できません。必ず顔写真付きの公的な身分証明書が必要です。

まとめ

およその目安として、実印(印鑑)作成に半日~数日、市区町村の窓口での印鑑登録・証明書の発行まで早くても1時間くらいかかります。

ただ、現実的には大都市圏や、引越しが集中する春先では役所が混んでいるので、もっと時間がかかると思われます。あまり待ちたくない人は春先以外の平日午前中に印鑑登録手続きをすることをおすすめします。

最後に、一覧表として以下にまとめましたので、チェックリストとして活用し、1つずつ進めてください。

▶引越しにともなう印鑑登録の廃止・再(新規)登録手続き一覧表

No.    何をする? 窓口は? 誰がどうする? 準備するもの
1 印鑑登録廃止手続き 市町村役場  本人、代理人が
・直接訪問
・今まで使っていた実印
・印鑑登録証(カード)
・本人確認書類
・印鑑登録廃止申請書・代理人の場合、委任状
・代理人の印鑑と本人確認書類
2 印鑑登録手続き 市町村役場 本人、代理人が
・直接訪問
・登録する実印
・本人確認書類
・印鑑登録申請書・代理人の場合、委任状
・代理人の印鑑と本人確認書類

トップへ戻る